夫から受けた昔の仕打ちは簡単には消せない 娘と話したこと 高齢男性の感想を聞きたい

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

多くの高齢男性の感想を聞きたい

昨日は娘と今年最後の宝塚観劇。

1階や2階のロビーでは珍しい光景が見られた。

季節によって変わる1階ロビー正面階段右側の飾り。

左側は上演作品のポスター。

昨日は今宝塚では一番歌が上手いと評判の

男役トップスター礼真琴(れいまこと)さんが率いる星組。

ちなみに礼真琴さんの父親は日本代表にも選ばれた

元Jリーガー 浅野哲也氏

松岡修造氏の姪で2019年に入団した

稀惺かずとさん(きしょうかずと)さんも星組。

10年後にはトップスター?

演目は宝塚剣豪秘録「柳生忍法帖」

山田風太郎氏作の人気時代小説を舞台化した作品。

ショーは1995年に真矢みきさん主演で上演された

シリーズの♪モア・ダンディズム♪。

25年前の作品なので懐かしい歌も散りばめられ

いかにも宝塚レビューというショー。

時代小説を題材にしたミュージカルに昔懐かしいショー

昨日はその演目にふさわしい集団に出会った。

宝塚と出会って7年目だけれど初めての光景かも。

それはサラリーマンと思われるダークスーツの集団。

50名以上はいたかも。

スポンサーの招待公演。

それとも毛色の変わった忘年会?

座られた場所は私の席からは確認できなかったので

この集団の反応は分からなかった。

気に入ってくれたかしら?

是非とも感想を聞いてみたい(^^)

夫から受けた昔の仕打ちは簡単には消せない

公演はAM11:00からPM1:00。

ちょっと遅いランチはミッドタウン日比谷3階の「一角」で。

コロナ前は観劇後に良く行ったお店で

気取らず一杯飲めるのでミッドタウンではお気に入りのひとつ。

娘と色々な事を話した。

娘は私のブログを読んだり読まなかったりだけれど

私の日頃の生活の様子は大体わかっていると思う。

そんな中ブログには書いていない最近の夫との出来事について話した。

私の定年前。

夫の自分勝手な生き方で様々な仕打ちを受けた。

波乱万丈を言えるかもしれない。

私が働いたお金は生活費や夫の借金返済に回ることも多く

心身ともに受けた傷は深い。

友人からは「良く別れなかったね」なんて言われるほど。

娘の回答に目が覚める

娘に話したのは最近の夫のお金の使い方に関する問題。

娘の感想は

【お母さんそれはちょっと細かすぎるんじゃない?】

その通りと私も思う

この10年徐々に夫は変わってきた。

ただたまに昔の夫が顔を出す。

「もういいじゃない」と思う気持ちと

「まだ許せない」と思う気持ちが交錯する。

定年まで夫に振り回された生活。

その分今は自由にさせてくれている。

もういい加減昔のことは忘れようと思う。

キリストの有名な言葉

「右の頬を打たれたら左の頬も差し出しなさい」は

打つ相手の罪を許し愛しなさいとの意味と理解する。

まだまだそこまで悟りきれないけれど。

娘の言葉でやっと吹っ切れたかも

さて今日は泌尿器科の予約日。

ピアノの練習を優先すべきか病院へ行くか思案中(><)