71歳のダメな自分を認める/見せかけの仲良し夫婦

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

71歳のダメな自分を認める

最近、土日は3度寝の7時起き。

昨日は10時半に布団に入ったので7時間は眠れたかも。

今朝の体温は36.0度。

やっと平熱に近づいてきた。

昨日から春。

もう、冬に逆戻りすることはないとのこと。

ただまだ無理はしちゃいけないと

ピアノの練習をしただけで一日中読書。

『老後とピアノ』

ほとんど読み終わりました(^^)

老後とピアノ (一般書 357) [ 稲垣 えみ子 ]

価格:1,650円

筆者の稲垣えみ子さん1965年生まれで私より15歳も若い。

57歳で老後と言えるのか?

そのうえ子供の頃にピアノの経験がある。

と言う事で私よりピアノ偏差値ははるかに高い。

ただある程度年令を重ねてからのピアノに対する思いは

今の私の気持ちとほぼ一緒。

『ピアノは老い方のレッスン。

どれだけ衰えてもダメになっても

今この瞬間を楽しみながら

努力することが出来るかどうかが試されている。

登っていけるかなんて関係なく

ただ目の前のことを精いっぱいやることを

幸せと思うことができるのか?

これから先、長い人生の下り坂がどれだけ続こうと、

何を恐れることがあるだろう。』

子供の頃からの憧れだったピアノ。

小学校低学年の頃、母親が体験レッスンに連れて行ったくれた。

ただ4姉妹を育てるだけで精一杯。

父親に却下され断念。

結婚、子育て、仕事とその夢を叶える時間は無かった。

定年後6年。

意を決してピアノ教室へ。

よって私がピアノに初めて触れたのは66歳。

あれから5年が経過した。

始めて3年くらいまではまだ自分でも成長を実感できた。

先生にも『その歳で始めてここまで出来る人はなかなかいない。

指導者として高齢者のレッスンをする励みになる』と言われた。

娘にも褒められた(^^)

71歳の今。。。

明らかに成長は止まっている。

【一日1歩三日で3歩 3歩進んで3歩下がる】

一日休んだら4歩下がってしまう。

その代わり毎日練習を続ければ0.1歩でも成長は感じられる。

そのほんのちょっとの成長が嬉しくて

毎日ピアノ前に座る。

練習へのアドバイスも書いてあった。

1.楽譜を拡大コピーする

目の衰えはいなめない。

2.片手づつの練習をきちんとする

何故か両手で練習したほうが覚えやすいけれど

きちんと練習しよう。

3.運指を適当にやらない

指番号を決めてもたまに適当になってしまう。

気を付けよう。

4.ゆっくり練習

先生にも良く注意される。

ゆっくりは本当に大事。

5.徹底して力まない

心も体もリラックス。

今のダメな自分を認め

はるか先の目標を見るのではなく今その瞬間を楽しむ。

いつかは目標にたどり着く。

【今を楽しむ】は私の生きる上での基本姿勢(^^)

人は本質的に音楽が大好き。

ピアノの限らずギター、バイオリン、サックス、ウクレレ、オカリナ。。。

自ら音楽に触れる機会は沢山ある。

高齢者でも楽器を弾く楽しさが味わえる。

勇気を出すことも大事かも(^_^)V

見せかけの仲良し夫婦

お財布から割引チケット【新春還元祭】が出て来た。

新春はとっくに過ぎてもう春(^^)

夫も私も大好きなラーメン屋さん。

1か月前に行ったときに三角くじを引いて頂いた。

期限は明後日までなので今日のお昼ご飯はラーメンの予定。

たまには仲良し夫婦の真似事。

今は見せかけの仲良し夫婦だけれど

いつかは本物の仲良し夫婦になるかも。

夫も私も大好きなラーメンを食べて

今その時を楽しもう(^^)