今一番の心配ごと、悩みごとについて考える(><)

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

昨日の夕食は生協のカキフライ。

夕方5時過ぎに夫の部屋に行き

「カキフライ食べる?」と聞いたら

「食べる」と言ったので2人前作ったけれど

「食べない。自分で適当に作る」と答えたら

私の分だけ作るつもりだった(><)

心配事、悩み事は数え始めたらキリがない。

ほとんどは自分自身の問題なので自分で解決するしかないし、

今から心配しても仕方がない事はなるべく考えないようにしている。

ただ夫の食事作りとなると別。

食は毎日のことだし生きていく上では一番大切なこと。

特に一昨年から体調不良が続く夫には

バランスが取れた食事を取ってもらい。

それなのに夫は食べない時があるし、

自分で作っても単品だけだったり、

総菜パンで済ませたり。

夫の夕食に関しては今一番の心配事であり悩み事なのです。

ブログには

「料理はなるべくしたくない」

「夫は自分で料理をするので楽ちん」と書くことが多いけれど

真面目な望みは私が献立を考え作った料理を

夫が文句を言わずに食べてくれること

そこで少しでも参考になるかしらと先日から

「聡明な女は料理がうまい」を読み出した。

昨日までに半分ほど読み終えたけれど

そこには私を慰める言葉が並んでいる。

【忙しい人ほど時間を有効に使う】

その通り。

今は一年中日曜日状態だけれど

仕事をしている頃は時間を無駄にしなかった。

食事作りだって頑張った。

朝食、弁当作り、夕食作り。

夕食は週末にまとめて作り

冷凍した物で子供たちに毎食作った。

その頃の夫の姿がどうして見えなのだけれど

少なくとも子供たちは喜んで食べてくれた。

息子が「お母さんのから揚げが一番」

なんて嬉しい事を言ってくれたこともあったし

娘は結婚式での両親へのお礼の手紙で

「お母さんが忙しい毎日作ってくれたお弁当が嬉しかった」

なんて泣かせることを書いてくれたし。。。

桐島洋子さんの本にはこんなことも書かれていた。

【何をするにしても、それを喜んでくれる人、

必要としてくれる人があってこそ努力のしがいもある】

そう私だって喜んで食べてくれる人がいれば頑張っちゃう

さて今私の作った料理を食べてくれるのは夫だけ。

それなのに夫は喜ぶ姿も見せないしお礼も言わない。

先日夫から渡された今週の夫のお昼の仕出し弁当のメニュー。

さて私の望み。

「文句も言わずに私が作った料理を食べる夫の姿」

を見る時はやってくるのか?

今日からまた夕食作りに悩む日々が始まってしまいました(><)