料理に対する今の私の本当の思い

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今朝も心のざわつきは収まらない。

長姉が今一人暮らしをしている実家は

私を含め妹3人が遺産放棄した家。

しっかり守ってくれると思っていたのに。。。

さて気分を変えて料理に対する今の私の本当の思いです(*´ー`)

今私が登録している『にほんブログ村』のカテゴリーは

ライフスタイルの「暮らしを楽しむ」とシニアの「70歳代」。

どちらのカテゴリーでも日々の夕食の写真の投稿が多く見られ

『皆がんばっているなぁ』と思うと同時に

『頑張れる状況にある』ことを羨ましく思う。

私は常々ブログに【料理は嫌い、なるべくならしたくない】と書く。

これは私の本来の気質であり間違いがない事でもある。

結婚前は優しい母親に甘え一度も料理をしたことは無い。

よって新婚当初は母親の美味しくて懐かしい料理を再現したくて

度々電話で作り方を教えて貰っていた。

子供たちが小さかった頃は一番お料理を楽しんでいた時期。

ママ友グループでおかずのおすそ分けごっこをしたり

誕生日会、ひな祭り、お節句、夏休み、クリスマス会。。。

それぞれの家で順番に食事会を催した。

会社員時代が一番頑張った時期かも。

4人分、時には3人分?

朝ごはん、お弁当、夕ご飯。

もちろん手抜きもあったけれど毎日きちんと作った。

そして別居を経てからの卒婚時代は

夫からの申し出もありそれぞれ個別の食事作り。

それは8年ほど続いた。

そして夫の体調不良や離婚鬱で息子が戻ってきたこともあり

毎日献立を考え3人分の食事作りを再開。

夫も息子もきちんと食べてくれた。

色々考えることはあったけれど充実していた時期とも言える。

そして昨夏の息子の再独立。

それから夫は自分なりの独自の食事スタイルを取るようになった。

土日は3食自分が好きなように作るとのことなので私はノータッチ。

そして平日5日の献立は夫の要望で2日はお刺身、2日はステーキ、1日は焼き鮭。

しばらくその通り続けていた。

たださすがに夫も飽きてきたようで

仕事を終え5時過ぎに帰宅すると

『今日の夕食は何?』と聞くようになった。

そこで念のために作ったメニューを伝えると

『食べたくないの自分で適当に作る』と夫。

そこで残ったものは冷凍したり私が2-3日かけて食べたり。

ある意味楽ちんなので友人に話すと羨ましがられることも。

ただ私の心は複雑。

果たしてこのままでいいのか?

最近少しだけ仲良くなったきた我が夫婦。

やっとまともな会話が出来るようになった。

そこで先日こんな提案をした。

『これからは帰宅した時に食べたい物を聞きそれから作ることにする』

我が家の夕食タイムはPM6:30なので1時間半ある。

食材はいろいろ揃っているので何とかなるはず。

さて昨日は午後からスポーツジムへ。

昨日のウォーキングはバナナ一本。

30分歩く予定だったけれど途中で次姉から電話が入ったので中断。

その後の電話で長姉のことを聞き落ち着かない気分の時に夫が帰宅。

食事作りにも意欲が湧かなかった。

さて夫の要望で昨日作った夕食がこれ。

夫は目玉焼きとシャウエッセンが大好き。

確か先週も作った。

その時はサラダとぬか漬けと味噌汁を付けたけれど

昨日は何もいらないと言う。

さすがにブロッコリーとトマトを追加。

気力が落ちていたので本当に楽で有難たかったけれど。。。

私だって夫がいつまでも元気でいられるよう

そしてボケないよう栄養やカロリーを考えて食事を作りたい。

充実した食事は心も豊かになるはず。

ただ一人暮らしになったらまともな料理はしないと思うけれどね(^_-)-☆