18歳の頃のひとりの私/ビックリのサービス/久しぶりのメルカリ

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今朝のごみ捨ては5時半。

夜もすっかり明け、曇り空だけれど

カーディガン1枚を羽織っただけでもう大丈夫。

小鳥のさえずりも聞こえてくる。

1週間の幕開けにはピッタリの朝(*´ー`)

18歳の頃も今も寂しい?

昨夜は夕食後眠くなり夜寝。

気が付たらPM9:00。

久しぶりに毎週観ている

『鎌倉殿の13人』は終わっていた(><)

お風呂に入ったらすぐにまた眠くなり就寝。

3時半にトイレで目が覚めたらもう眠くない。

そこで返却日が迫っている

「天鵞絨物語」があと残り数ページだったので

最後まで読むことにした。

上流社会の戦前から戦後までの物語。

最後の1行の主人公の言葉。

【これからは私と二人で生きていくのよ】は

荒れ果てたタラの大地に立つスカーレットを連想させた。

スカーレットは一人だったけれどこの物語は二人。

もうひとりは愛する人が旅立つ際に預けていった

他の女性との間に生まれた女の子。

「風と共に去りぬ」は18歳の頃銀座の映画館で観た映画。

高校卒業後は貿易関連が学べる専門学校へ。

高校時代は仲良しグループ友だちがいたけれど

卒業後は徐々に疎遠に。

専門学校ではまだ浅い友達付き合いしかなく

当時は付き合っている人もいなかったので

ひとりで行動することが多かった時期。

そんな時にひとりで観た映画は強く印象に残っている。

ひとり孤独になったスカーレットが

夕日に照らされた荒れ果てた大地に立ち

明日に希望を託し絶望の中から一歩踏み出すラストシーン。

あれから私は強くなった?

結婚、子育て、仕事、退職、夫と二人の生活。

その間様々に人に出会い、その中で心を許せる友人も出来た。

今の友人はそのままの私を受け入れてくれる人たち。

今、心から分かり合えない夫との生活は寂しい。

ただ、心から分かり合える友達がいる。

そんな人たちがいて私の生活は救われているのかも(*´ー`)

至れり尽くせりのビックリなサービス

さて土曜日PM2:00にイオンネットスーパーに注文した商品は

昨日PM3:00に届いた。

商品の種類ごとに分けられた袋は6つ。

自分でお買い物した時はこんな風に分けないですよね(^^)

今回は約6000円。

野菜、肉、魚の素材は冷蔵庫に沢山残っているので

1週間分としては少な目かも。

毎週購入する夫の刺身とステーキ肉はいつまで続くのか?

今回ビックリのサービスがあることが判った。

それは在庫がない場合の店側の対応。

電話連絡を希望すれば電話がかかって来る。

私は電話はいらないので代替品での対応を依頼した。

今回ステーキ肉がそれにあたった。

代替品の価格が注文金額より上回っても請求は注文金額のまま

反対に下回った場合は下回る金額で請求される

今回は同額だったのでそれにはあたらなかったけれど

決して損することはないということ。

目利きがある方にお買い物はお任せして

ゆとりが出来た時間は好きな事で費やす。

こんなお買い物方法が今の私にはピッタリ(^^)

久しぶりのメルカリ

昨日は家庭菜園の本でも購入しようと

メルカリアプリを開いたら

「商品が購入されたので発送して下さい」

とのお知らせが届いていた。

最後に売れたのは1年以上前だと思う。

もう出品している商品は無いと思っていたのでちょっとビックリ。

布の断捨離に凝っていたころに出品していた

10cm角にカットした100枚セット。

バッグはもう作る気はないけれど

カットだったら出来そう。

断捨離も進むしちょっと又やる気が出て来ました(^^)