夫の要望を聞く 最近購入した2冊の本

ランキングに参加しています。
応援して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

夫の要望を聞いて作ったもの

ここ数日お弁当を買ってきたり、賞味期限切れの防災備蓄食品を片付けたりで夫のためにきちんと夕食を作っていなかったのでチョット反省。

昨日は夫に聞くと「さんまが食べたい」との事だったので裏のスーパーで買ってきた。

2匹398円(税抜き)でとても細くて貧弱。

今年もさんまは不漁とニュースで聞いた。

以前は庶民の味方。 

これからは高嶺の花になりそう。

さて先日夫にサンドイッチのお気に入りの具を聞いたら「ゆで卵とシャウエッセン」との返事。

そこで今朝作った夫の朝のお弁当サンドの具は夫の好みに合わせた。

ただマンネリが嫌いな夫なので明日はハムレタスとメンチカツサンドにしようかな?

隙間時間に楽しんでいること

先日イオンに行った時にブックフェアをやっていたので久しぶりに2冊の本を購入した。

以前もブログに書いているように仕事をしていた頃の楽しみは休みの日のガーデニングと夜眠る前の布団の中での読書。

読む本を切らした事は無かった。

新聞の広告欄に載る新刊本は興味があるとすぐに本屋に買いに行った。

ブックオフの100円コーナーでお気に入りの作家の文庫本を探すのも好きだった。

定年後すぐの頃は近くの公民館に併設されている図書館に出かけ一度に数冊借りて来ることもあった。

数年前から徐々に読書への興味がなくなっていった。

興味の対象が他へ移った事、ブログを始めた事も理由のひとつかも。

という事で2冊の本を購入した言っても読書と言うには微妙なもの。

まず1冊目は「心を癒す大人のスクラッチアート 花曼荼羅 アラビア文様」

私が好きで楽しんでいる事のひとつに【スクラッチアート】がある。

隙間時間に何か楽しみたいと思う時に持ち出してくる。

これは半年ほど前に楽しんだ【大人のスクラッチアート 仏像2】

100円ショップでも売っているけれどこのシリーズは美しく複雑で時間をつぶしながら心豊かになれる気がするので気に入っている。

心を癒す大人のスクラッチアート『花曼荼羅 アラビア文様』 ([バラエティ])

新品価格
¥1,400から

不惑の老後

もう1冊は曽野綾子著「不惑の老後」。

こういった啓発本は以前読んだアドラーの「嫌われる勇気」に代表されるように生きるためのヒントになるけれど、結局はそれを自分が実行するかが問題なので今はもう読もうとは思わないけれど題名に惹かれて買ってみた。

短文のエッセイの中に氏の名言が多数ちりばめられている。

「長生きすることは幸せなのか」

「孤独でいると寂しいのか」

「身体の不調とどう向き合うのか」

「今をどう生きるか?老いることは悪い事ではない」。。。

ところどころ???の部分はあるけれど「これから幸福を発見する人生を送るにはどうすればいいか」を考えるヒントにはなるかも。

不惑の老後 (SB新書)

新品価格
¥913から

その前にまずはこちらを仕上げなくちゃね。

49枚のモチーフの間に紺色の生地を縫い付ける作業は終わった。

次は紺色の生地で周りに10cmの額縁を付ける作業が待っている。

自分らしい日常を保つ。

毎日を機嫌よく暮らす。

幸せに老いるための大事な才覚ですよね(^-^)