夫、長姉、お隣の奥様に対する思いの違い 帯バッグ完成

ランキングに参加しています。
応援して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今朝も3度寝。

6時に目が覚めたらすごい雨。

ニュースを見たらなんと我が町に大雨洪水警報が発令されている。

布団の中でグズグズしていたら小雨になったので急いで庭へ。

風雨の影響を受けそうなお花の鉢を玄関先に移動した。

昨夜ニュースでは盛んに「万が一に備えて早めに行動しましょう」と伝えていたのに「明日で間に合うわ」なんて思いそのままにしてしまった。

反省です。

夫、長姉、お隣の奥様に対する思いの違い

昨日は朝からブログで長姉の愚痴を長々と綴ってしまい反省。

読んで下さっている方は《またか~》と呆れていたかもね。

スイマセン m(_ _)m

前日のブログではお隣の奥様との関係について

『最近は諸々の複雑な思いはそぎ落とされ、単純な仲良しさんになりました。

それぞれの生き方も確立され、お互いにその違いを受け入れているという感じかな?

なんて書いたのに長姉に対しては同じ気持ちになれない。

きっと他人と肉親という関係の違いが私の気持ちを複雑にさせているのだと思う。

お隣の奥様との関係はいつでも切れるけれど長姉とは一生切れないので。

夫に対してはどうなんだろう?

今更離婚するエネルギーもないので仕方なく昔の事は忘れるようにしているというところかな?

今、夫は朝ごはん用に自分でお蕎麦を茹でて生協の冷凍かき揚げを解凍している。

本当に手が掛からない夫。

不満は色々あるけれど大事にしなくちゃね(><)


帯バッグ完成

さて最近友人のひとりが着物のリサイクルにハマっている。

終活を兼ねて、数年前に亡くなったお母さまが残していった大量の着物をほどいてチェニックやワンピースやスカートにリメイク。

会う度に着用していた。

作るなら着物生地を譲ると言ってくれたけれどそれは断った。

彼女には似合っていたけれど私の趣味には合わなかったから。

ただ帯で作ったというバッグは素敵だった。

褒めたらカットして譲ってくれたのが1か月ほど前。

先日、帯のデザインに合う内布を選んだけれどそのままになっていた。

クラッシックだけれどモダンな外布と内布は作成意欲を搔き立てる。

昨日は姉の愚痴ブログで気分が悪かったので、このバッグを仕上げて気分をあげようとピアノの練習はそこそこにしてバッグ制作に取りに組んだ。

前後の生地と底の生地はカットせずそのまま使用。

それぞれを縫い合わせマチを付けるだけなので1時間ほどでバッグの形に。

内布が柔らかいので少し手こずったけれど自分が使うものなので細かい事は気にしない。

デザイン合いそうな持ち手を在庫から選んで付け夕方までに完成した。

早速友人にラインで報告。

今、友人と呼べる人たちとはいい関係が保たれていると思う。

一緒にいて一番心安らぐ人達。

ただ一番大事にしなくてはいけないのは夫ですよね。

心安らぐ関係になれる日はやって来るのでしょうか?