今日は病院へ 夫のお気楽さに救われているのかも(*´ー`)

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今日は病院へ

わき腹の痛みの場所は徐々に変わって来た。

当初の痛みより10cm下、10cm内側に移動。

これは結石の移動と勝手に思っている。

痛みというより違和感に変化。

そして生活に何の支障もない。

このままでも石は自然に排出されるかも

以前だったら放っておいたかも。

ただ3年前にも結石の経験があるし

第一高齢者だし。

やっぱり病院へ行くべきよね。

そこで先日以前診てもらった総合病院へ予約の電話を入れた。

最初は直接出向き次回から予約になるとのこと。

コロナの影響ももう無いみたい(^^;)

ということで今日病院に行ってきます。

月曜日だし早い時間は混むと思うので

11時ごろ行くつもり。

ついでに夜間頻尿についても診察してもらおうかなぁ

夫のお気楽さに救われている?

昨日はお昼前に息子がやって来た。

用事は冬物の厚手のコートを持って行くことと

自分が使っていた部屋の片づけ。

今年6月に再独立した息子。

新しい彼女と住むために持って行ったのは

当面の生活に必要な物だけ。

生活用品は二人で揃えるか、既に揃っている?

そこで必要な物があるとたまに取りにくる。

よって6か月たった今も息子が使っていた部屋は

ほとんどそのままになっている。

精神的に安定したように見える息子だけれど安心は出来ない。

甘い親かもしれないけれど

「いつでもまた戻る場所はあるのだよ」

思ってもらいたかったから。

ただ最近会う息子の様子を見ていると

言葉数は相変わらず少ないけれど

顔は明るく、スッキリ、サッパリしている。

もう安心してもいいのでは?」と思えて来た。

以前息子に聞いたときには

「残っている物は勝手に片付けていいよ」と言ってくれたけれど

書類など私では判断がつかないので

時間がある時に自分で片付けるよう伝えてあった。

1時間ほどで片付けが終わり、必要な物と

ニューヨーク・キャラメルサンドも喜んで受け取ってくれ帰って行った。

丁度お昼過ぎ。

出戻っていた間たまに夫と3人で行った

ラーメン屋さんに誘ったけれど断られたしまった。

ただ新しい居場所に早く戻りたい気持ちを感じ嬉しい(^^)

「息子と丁度いい距離感」が保たれているのは

夫のお気楽さが少なからず影響していると思う。

夫からは「息子が自分で話す気になるまで放っておけ」言われている。

その言葉がなかったらきっと私は色々聞いて

息子にうっとうしがられたと思う(><)

40歳の息子。

もう細かい事をいちいち親に報告しなくてもいいのかも。

たまに元気な姿を見せてくれればそれだけで十分。

ちょっと寂しいけれね(*´ー`)

息子にラーメン屋さんを断られたのでお昼にこんな物を食べた。

辛いもの好きな息子が沢山残していったラーメンのひとつ。

これが最後。

冷凍シューマイを付けた。

さて久しぶりの病院。

ちょっと緊張(@_@;)